竹ネック SX AXISコピー

2.jpg

USEDのSX AXISのコピーモデルに竹ネックをセットアップしました。

このSXというブランド、ご存知の方も多いと思いますが所謂廉価モデルのブランドでありながら、使用されている材は有り勝ちな継ぎ接ぎだらけということもなく、ワンピースとまでは言いませんが2Pや3P程度で抑えられていますし、所謂パンケーキ構造でもありません。
トップのキルテッドメイプルも装飾の突き板ではありますが、本家廉価ブランドではプリントであることを考えればかなりコストパフォーマンスに優れています。

ただ、こういった廉価ブランドのギターはネックがあまり良い出来ではないわけです。勿論そのまま使える物もありますが、ネックが音響的な仕事をしないんです。これはまあコストの問題ですから仕方がないですね。

ということで、このAXISコピー、バックは一見マホガニーに見える何か(笑)。マホガニーではないですが、おそらくラワン系でしょう。繊維質のしっかりしたソリッドボディーに適した倍音を生成しやすい材であることは間違いありません。こういった材も年々高騰していますからだいぶ頑張った感がありますね。

つまり、簡単に言うと「素性が良い」のです。ネック以外は・・・
ですので竹ネックをセットアップすることで見栄え良くとんでもないギターに化けるのです。

とにかくバラす前に音出しをしてみるとネックが仕事をしないおかげでペラッペラの芯も深みもない鳴り。その上こういった廉価ギターに搭載されるピックアップは元気なんだけどハイ上がりなのが常なので、太さがなくハイエンドでギャンギャン言ってるだけの、他のバンド楽器にかき消されるだけのサウンドでした。
ただ、その結果を体感すると「このピックアップは多分使える」だったんですね。
つまり、ギター本体に拾うべき倍音が無いだけですから、竹ネックでボディー全体を強烈に揺さぶるわけですから足りないどころか、持ち合わせたハイ上がりの特性で分厚いだけではなくエッヂの効いた、そしてツヤのあるサウンドが出るはず。
で、まさにその通りに変貌しました。
特にクリーントーンで弾けばそのことが良くわかります。ハムバッカーの太さにシングルの高域が加味されたような実に色っぽいトーンです。
EVHやAXISのようなトーンではありませんが、逆に初期ヴァンヘイレンのようなギターサウンドに通づるものがあります。

基本的にはトレモロユニットやペグは致命的な欠陥はありませんのでそのまま採用し、スタッドとアンカーだけは緩くてグラついていたので精度の高いものに交換してあります。
トレモロユニットはいわゆるフロイドローズライセンスモデルですが、ストリングロック機能がないタイプです。
その分ハードなアーミングではロック機能があるものよりはチューニングは狂いやすくはなりますが、弦の交換は非常に楽です。
また、フロイドローズタイプは苦手だという方の方が多いような気がします。とにかく弦交換が面倒ですからね。
そういった方にも使いやすくという点でも、これはこのままの方が良いかもしれないと思った次第です。トレモロを交換してしまうとどうしても販売価格を上げざるを得ませんしね。本家フロイドローズと基本寸法は同じですので、後々交換されても良いでしょう。
また、トレモロなんて使わないという方には、後加工でアームアップをオミットする加工も承ります。

とにかく、竹ネックをシンプルに味わえるギターとなっています。
​強烈な情報量は少々のことでは衰えません。どこまでも存在感のある骨太で色気のあるハムバッカーサウンドはなかなか味わえるものではありませんよ!

ケース無し
​¥132,000(税別)

4.jpg
16.jpg

USEDのNVボディーを元に、新規に竹ネックを製作。
パーツ類は在庫のN.O.S.や程度の良いUSED品を中心にできるだけ低コストで仕上げました。

NVはバスウッドボディーにキルテッドメイプルの突き板トップ(現行品はアルダーだそうです)。つまりバスウッドに装飾の薄いメイプルが貼ってあるだけの、見た目ゴージャス廉価版といった認識で良いと思う。
また、フロイドローズ搭載ということで、「廉価版」であることと「フロイドローズ系独特の金属的な鳴り」というコンボで嫌う方は多いと思う。が、そこが狙い目でこのギターを企画しました。

バスウッドを廉価版ギター用の材、フロイドローズの金属臭というのを竹ネックで根底から吹き飛ばすことが、竹ネックであれば容易に可能であるのです。

簡単に言えばボディーがバスウッドであると知らずに弾けば、これがバスウッドのボディーだとは誰も思わないでしょう。
しかも竹ネックほどの振動エネルギー下ではフロイドローズは単純に質量の大きい支点でしかなく、ハイの立った所謂金属的な音ではなく所謂重心の低い響きとなって作用します。
その分ボディーが軽いので重心が低くなっても重すぎる響きにはならない。つまり竹ネックとバスウッドとフロイドローズ、この組み合わせは「丁度良い」ところに集約される素晴らしいコンビネーションとなります。
また、竹ネックの驚異的な振動エネルギーはピックアップの持つ物理的特性もしっかり引き出します。これはピックアップメーカーの謳う特性のことではなく、仕様上の本来の特性で音を拾うという意味で、よく言われるボディーとの相性云々は関係ありません。最大限の仕事をしている弦の振動をどう拾うか。その結果として好みかどうかという極めてシンプルな感覚でピックアップと相対することになります。

というわけでこのギター、よく言われる謳い文句の「リッチな音」そのもの。よくわからないでしょ?リッチな音と言われても。そしてそう謳われるギターを弾いても「ふーん・・・」ってなりません?

このギターを弾いてみればわかります。これが本当のリッチなトーンです。

ボディー シェクターNV USED(バック面の傷が目立ちますがトップ面は比較的綺麗です)
ネック 竹ネック/インドローズ指板 オリジナルヴィンテージトールフレット
ピックアップ F/ゴトーヴィンテージHB
        C/ディマジオDP402ヴァーチャルヴィンテージブルース
       R/ディマジオDP156Fハムバッカーフロムヘル
トレモロ シャーラーFRT

Sold Out

ボディー、ネック、指板の半加工品を組み上げ製作しました。

ボディーネック共アフリカンマホガニーですが、昨今のアジア生産のギターに使われている重いものではなく、軽量かつ粘りのある昨今ではあまりお目にかかることのできない良材です。
特に重いアフリカンマホガニーが悪いということではありませんが、SGらしい軽さとそこから来る木部全体がまるでスピーカーコーンのような振動と反応の良さ、それが豊かな倍音を生成し分厚いサウンドを奏でる様は、軽量なアフリカンマホガニーならではの境地と言って良いでしょう。
その特性を余すところなく拾い上げるためにTop Guitarsオリジナルのアルミ削り出しコンビネーションブリッジを採用し、塗膜が極限まで薄く仕上がる半艶ラッカーで仕上げました。

コンセプトは「SGらしさを突き抜けること」。
SGの形をした何か別のものではなく、SGらしさをとことんまで追求したサウンドを目指しました。そしてその結果は十分に果たせたと思います。
ピックアップはリオグランデのテキサスとBBQというパワーのある元気なコンビネーションでまとめており、分厚い歪みを信条とする仕様にしていますが、ローパワードなヴィンテージタイプのピックアップに載せ替えて豊かな倍音を押し立て、クリーンからクランチ、軽いオーバードライブで表情豊かに歌わせることも可能です。
​このようにピックアップのキャラクター如何によって得られる振り幅の広さもまた、良質なSGの醍醐味でもあります。

Sold Out

竹ネック シェクターNV