© 2001 by Top Guitars with Wix.com

  • White Facebook Icon

ハイブリッドアッシュボディー/板屋楓ネック

あくまでも既存のFender系ギター/ベースの文法を崩さず、かつどこまでポテンシャルを引き上げられるかという命題に挑み、達成した一つの回答がハイブリッドアッシュのボディーと板屋楓のネックです。

特にストラトキャスターでは、アッシュボディーよりアルダーボディーのほうが人気があるように思いますが、それは裏を返せばアッシュボディーのストラトに対する誤解によるところが大きいと、このコンビネーションのストラトを弾いていただければご理解いただけると思います。

​試行錯誤のうえたどり着いた、Top GuitarsのFender系ギター/ベースの最高峰となります。

ハイブリッドアッシュとは、主材となるバック材に軽軟なライトアッシュ、トップ材に重硬なホワイトアッシュを用いたTop Guitarsオリジナルレシピのプライボディーです。

そもそも、ライトアッシュとホワイトアッシュは全く同じ樹種です。
育った土地と気候の違いによって硬さも重さも大きく違うというアッシュならではの特徴だからこそ、その両者を組み合わせることにより、ローエンドからハイエンドまでワイドレンジでありながら、必要十分なミッドレンジも兼ね備えるという、優れた特性を獲得することができました。


 

ハイブリッドアッシュの特性を引き出すのに最も適したネック材が板屋楓です。
日本の楓の木で、一般的にギターやベースのネック材で使われるハードメイプルと同種の、日本固有の材種となります。
基本的に見た目はハードメイプルと何ら違いはありませんが、ネック材として使うとローエンドが引き締まるのが最大の特徴です。
私は常日頃、ストラトの低音弦が凹む、もたつくことに我慢なりませんでした。
そこで様々な材を試したところ、板屋楓が外観も損なわず、そして低域が引き締まることで低音弦の凹みももたつきも改善できる材であることにたどり着きました。
​これがワイドレンジなハイブリッドアッシュのボディーと合わさることで、その輪郭をしっかり形作ることとなるのです。