© 2001 by Top Guitars with Wix.com

  • White Facebook Icon

竹ネック(Bamboo Neck Project)

私の頭の中で鳴り響く最高のエレクトリックギターの響きは既存のギターの中には有り得ません。それはいつかは辿り着きたい理想の響きだからです。その理想にぐっと歩を進めたのが竹のネックです。

竹の性質と言えば、皆さんがまず想像するのがあの強烈なしなりだと思います。その強烈にしなる特性をギターのネックに持ち込んだ結果、今までのギターでは決して得られない強力な振動エネルギーを獲得しました。
その強力な振動エネルギーはボディーを強制的に振動させるため、従来のギターでは鳴らしきれない重硬なボディーでもいとも簡単に隅々まで振動させてしまいます。
その別次元と言える振動エネルギーは弦振動へ還元され、豊かな情報量と伸びやかなサスティンを生み出します。
​既存のギターの限界を打ち破った、Top Guitarsの最高到達点と言えます。

竹ネックを用いたフルオーダーの場合、竹ネックの特性をどう活かすかというアプローチになります。
通常のギターの場合、ネック材、ボディー材、パーツ類等々、全てをバランスさせることこそ重要であり、言わばそれらのパラメーターによって求めるサウンドを創造することになります。

しかし竹ネックは圧倒的な振動エネルギーを持つため、全てネック中心のサウンドデザインとなるわけです。例えば重いボディー、重いブリッジでは重心の低いサウンド方向へ、軽いボディー、軽いブリッジでは腰高なサウンドへと、ボディーやブリッジの質量が大きなサウンドの方向性を決定付けます。
そのうえでボディー材の種類は、例えば低い声で何の文字を発音するのか、高い声で何の文字を発音するのかという具合に選択していきます。

また、竹ネックでは指板材の持つ特性がはっきりサウンドに影響します。​特に竹ネックが得意とする重いボディーを使った重心の低いサウンドには椰子の指板が最適です。

竹ネックの恩恵を得るには、何もギターを一から作るだけが手段ではありません。
その圧倒的な振動エネルギーを持ってすれば、ポリエステル塗装でガチガチに固められて鳴らし切れなかった既存のギターでも、竹ネックに挿し換えるだけで、その硬いポリエステルの塗膜ですらサウンドの個性として活用できます。
つまり、ボディーが何であれ、竹ネックを装着すればその恩恵は間違いなく享受できるのです。

ご自宅で眠っている手放し切れなかった最初に買ったギター、メインの座を空け渡した二番手、三番手のギター、ボディーの形状やカラー等の見た目だけが魅力のギター、ネックが使い物にならないレベルの中古ギター等にネックオーダーとして竹ネックを挿し換えるだけで、別次元のギターとして生まれ変わらせることができます。

竹ネックのサウンド
 

とにかくズバ抜けた振動エネルギーを発生する竹ネックですから、生音が物凄く大きくなります。

しかし、一般的なメイプル等の木材のネックであれば、生音が大きくなればサスティンが短くなりがちです。
生音が大きいということは本来、振動がそれだけ消費されているということですから、その振動を効率よく弦振動に還元できなければサスティンは短くなるわけです。
これを克服することは従来のネックでは難しく、倍音を弦に還元することはできても、サスティンを伸ばそうとすると逆に共振を抑えて弦の振動を阻害しないように・・・つまり、生音をある程度抑制していく必要があり、言い換えれば倍音の出方とサスティンのバランスを如何にとっていくかがギター製作の要でした。

しかし、竹ネックでは生音が極端に大きいので、それだけ倍音の情報量も多く、さらにその振動が弦に還元されサスティンも伸びるのです。

ではこの類い稀な特徴が具体的に音にどのように影響するのか。
例えばEMGのように、コイルの巻き数を極端に減らしたピックアップの場合、巻き数が少ない分コイルのコンプレッションが少なくなりますのでより繊細に弦振動を拾うわけですが、その特徴が今まで感じたことのないレベルで強調されます。
EMGはアクティヴタイプで、電源の力を借りて増幅して出力しますから、印象としてはパワフルに感じるピックアップです。
しかし、コイルの巻き数を減らして外来ノイズレベルを極力下げる設計ですので、逆にその繊細さが強調されて増幅されるわけです。
ですのでEMGに限らず、ピックアップの持つ真の特性が姿を表すと言ってよいでしょう。

また、竹ネックを採用することでボディーやハードパーツの選択で低域強調型とした際に高域強調型のピックアップを搭載すると、そのピックアップが拾いきれない低域までは拾えませんが、限界値で拾える低域でも情報量が大きいので、その低域を下支えにして高域をしかり拾うので、がっしりした芯のあるトレブリーなサウンドが得られます。
これが一般的なネックですと、ペラペラなか細いサウンドになるか、篭ってしまうかのどちらかです。

​竹ネックの情報量の多さを可能な限りワイドレンジで出力しようとするのであれば、直流抵抗値は少なめで高磁力マグネットを使用したヘッドルーム拡大型のピックアップが最適です。
理屈で言えばEMGと同じですね。これがパッシヴピックアップですとマグネットの磁力で出力を稼ぐ手法となるわけです。
特にこのタイプのハムバッカーの場合、クリアで出力に余裕があるので、竹ネックの豊富な倍音の情報量を意のままに操ることが可能になりますので、歪ませてもつぶれませんし、クリーンやクランチでも線が細くなることはありません。
フロントピックアップメインでJAZZ等にももってこいです。

このように、ピックアップがその特性の限界まで仕事をするということですので、例えば手持ちのギターを竹ネックにコンバートする際等は、ピックアップのアップデートはとりあえず先送りとし、現在搭載されているピックアップでどのような拾い方をし、どのような出音となり、どのような音作りが可能かを確かめていただくと良いと思います。
今まで好感触の得られなかったピックアップの印象がガラリと変わる可能性が高いですから。

また、少々削ってもビクともしない倍音の情報量が手に入りますので、邪魔な帯域をイコライザで少し削るだけでサウンドメイクすることが可能となり、それでもなお音が前に出ます。
​ですので、リード等でブースターを踏むのではなく、少し引っ込めたい時にイコライザをかけるとか、ローカットトーンを少しかけるといったように、引き算でサウンドメイクすることで、ここ一番のリード等で作為感のない生々しく活き活きとしたサウンドで勝負できます。

竹ネックのネックオーダー

竹ネックのネックオーダーでは、ネックの製作、ネックの塗装/仕上げ、ボディーの適正化(基本的にはネックジョイント部の整面や深さの調整、ロッドアジャスターキャビティーの開口)、組み込みと、ギターとして完成させることが前提となります。

基本価格(ネック部のパーツを元のネックからの移植が前提)
 ギター ¥85,000
 ベース ¥90,000
 多弦ベース ¥95,000
 角度付きヘッド ¥15,000up

○指板材の種類によって価格が変動する場合があります。
○ドット以外のポジションマーク、バインディング等はアップチャージとなります。詳しくはお問い合わせください。
○竹の性質上、頻繁にネックの取り外しをすると比較的早くネジ穴が効かなくなるため、並行/角度付きヘッドに関わらずトラスロッドはエンド締め、外部からアクセス可能なホイルタイプのアジャスターが基本仕様となります。
​○ベースの場合、椰子指板は性質上お勧めしておりません。